コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタウフェン朝(読み)シュタウフェンちょう

百科事典マイペディアの解説

シュタウフェン朝【シュタウフェンちょう】

中世ドイツの王朝。シュワーベン大公シュタウフェンStaufen家による。ホーエンシュタウフェンHohenstaufen朝とも。1138年から1254年まで事実上連続してドイツ国王位につき,神聖ローマ皇帝を輩出した。ザリエル朝ハインリヒ4世の死後,シュタウフェン家系のフランケン公コンラート3世が1138年ドイツ国王に選ばれて創始。ザリエル朝以後衰退していた王権の再興と帝国の栄光の回復を図り,12世紀後半フリードリヒ1世,フリードリヒ2世の時代が最盛期。その半面イタリア・シチリア経略に重心が移ったためドイツ本国の統治が閑却され,分裂と混乱を招き,1254年コンラート4世の死で断絶。以後大空位時代が現出した。
→関連項目ハイルブロンハインリヒ[6世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュタウフェンちょう【シュタウフェン朝 Staufer】

中世中期ドイツの貴族家門。ホーエンシュタウフェン朝Hohenstaufenとも呼ばれる。11世紀末いらい13世紀中葉の一門断絶にいたるまでシェワーベン大公。1138年から1254年まで,事実上連続してドイツ国王位につく。その間,フリードリヒ1世ハインリヒ6世フリードリヒ2世という3世代の英主は,いわゆる神聖ローマ皇帝としてヨーロッパ的覇権の樹立を目ざす。彼らの努力は結局挫折に終わるが,シュタウフェン諸帝の活躍は中世的皇帝権に最後の輝きを添えたものと評価されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android