コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡安国 こあんこくHu An-guo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡安国
こあんこく
Hu An-guo

[生]煕寧7(1074)
[没]紹興8(1138)
中国,宋の儒学者。福建の人。字は康侯。武夷先生と称された。南宋,高宗の侍講。『春秋』の研究に意を用い,独自の解釈を施して孫明復の『春秋尊王発微』とともに宋代春秋学を代表する『春秋伝』 (30巻) を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐あんこく【胡安国】

[1074~1138]中国、代の学者。崇安(すうあん)(福建省)の人。字(あざな)は康侯。「春秋」を二十余年研究、高宗の命により「春秋胡氏伝」30巻を編纂。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こあんこく【胡安国 Hú Ān guó】

1074‐1138
中国宋代の思想家。字は康侯,文定はその諡(おくりな)。建寧崇安(福建省北西)の人。湖南学派の重鎮。胡寅(こいん)(致堂)・胡宏(五峯)の父。楊時(亀山),謝良佐(上蔡),游酢(ゆうさく)(廌(ち)山)らと交友して影響を受く。その主著《春秋胡氏伝》は南宋時代に入って成ったもので,そこには北方を異民族に奪われた憂憤の情がたぎっているといわれるが,元・明時代には科挙のテキストに採用された。【三浦 国雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こあんこく【胡安国】

1074~1138) 中国、宋代の学者。字あざなは康侯、号は武夷。高宗のとき中書舎人となり、侍講を兼ねた。著「春秋伝」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡安国
こあんこく
(1074―1138)

中国、宋(そう)の思想家。字(あざな)は康侯(こうこう)。諡(おくりな)は文定(ぶんてい)、武夷(ぶい)先生とよばれた。建州(けんしゅう)崇安(すうあん)(福建省)の人。北宋、1097年(紹聖4)の進士。官職は太学博士より累官して給事中(きゅうじちゅう)(侍従職)に至る。安国は宋学本流の二程(程(ていこう)、程頤(ていい))に私淑して、独自の学風を樹立、胡氏一門には寅(いん)(1098―1156)、宏(こう)(1106―1162)らの大儒が出た。これを胡氏湖南学(こしこなんがく)といい、再伝して朱熹(しゅき)(朱子)、張(ちょうしょく)らが輩出した。著作には『武夷集』『資治通鑑挙要補遺(しじつがんきょようほい)』(以上亡逸)、『春秋伝』30巻などがある。『春秋胡氏伝』は南宋初の激動期に完成。民族主義的情熱としての攘夷復讐(じょういふくしゅう)論の色合いが濃く、清(しん)朝になって廃されたが、元(げん)・明(みん)時代では『春秋』の三伝(さんでん)(『左氏伝』『公羊伝(くようでん)』『穀梁伝(こくりょうでん)』)に並ぶ経伝(けいでん)として重んじられ、広く盛行した。[福田 殖]
『楠本正継著『宋明時代儒学思想の研究』(1962/改定版・1964・広池学園出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

胡安国の関連キーワード承保延久胡安国三鈷寺上東門院承保藤原頼通葡萄牙ファーティフスルターンメフメット橋ボスポラス橋