コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングルファインダー angle finder

カメラマン写真用語辞典の解説

アングルファインダー

 一眼レフカメラに使用されるアクセサリーのひとつ。レフコンバーターとも呼ぶ。地面に近い花の接写など、低い位置での撮影は、カメラの ファインダー 位置が低く覗きにくい。場合によっては頭を横にして覗かなければならず、構図をつかみにくい。そこで、光路プリズムを配置して90度の角度をつけた延長ファインダーが考案された。カメラの接眼部のアイカップを外して取り付けることで、 ローアングル だけでなく、直接ファインダーを覗きづらい ハイアングル 撮影時にも役に立つ。製品によっては、倍率を等倍から2倍に変更して被写体を拡大して見られる変倍アングルファインダーや、 視度調整 をそなえたものもある。ちなみにアングルとは、英語の Angle で角度のこと。最近は、アングルファインダーの代わりとして 液晶モニター の ライブビュー が注目されている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アングルファインダー

撮影する際、カメラをセッティングする前にカメラ位置、被写体の写す範囲を覗のぞいて決めるのに使用する装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アングルファインダーの関連キーワード範囲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android