アンシヨン(英語表記)Ancillon, Charles

  • Ancillon, David
  • Ancillon, Johann Peter Friedrich
  • Ancillon, Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1659.7.28. メッス
[没]1715.7.5. ベルリン
フランスの法律家,歴史家。ナントの勅令の廃止後ベルリンに逃れ,そこでユグノー派の指導者となった。主著ナント勅令の取消し不能』L'irrévocabilité de l'édit de Nantes (1688) 。
[生]1617.3.17. メッス
[没]1692.9.3. ベルリン
フランスのユグノー派の牧師,神学者。 C.アンシヨンの父。ナントの勅令の廃止後,ベルリンに亡命
[生]1629.11. メッス
[没]1719.11.4. ベルリン
フランスのユグノー派の法学者。 C.アンシヨンの叔父。ナントの勅令の廃止後,ベルリンに亡命。
[生]1767.4.30. ベルリン
[没]1837.4.19. ベルリン
ドイツ,プロシアの政治家,歴史家。ナントの勅令廃止の際,ベルリンに移住したフランス新教徒の子孫。父の跡を継いで牧師となり,1832年よりプロシアの外相に就任。また歴史家としてもプロシア王室に重んじられた。主著『15世紀以来のヨーロッパ政治革命の考察』 Tableau des révolutions du systéme politique de l'Europe depuis le XVe Siécle (4巻,1803~05) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android