コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジオジェニン angiogenin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジオジェニン
angiogenin

癌組織で血管形成を行なう蛋白質。 123個のアミノ酸で構成される分子量約1万 4000の蛋白質で,ハーバード大のバリーらによりヒト結腸癌細胞株から発見された。アンジオジェニンの働きを阻害することにより,癌組織への血液の供給を断つことができると考えられ,阻害剤の研究が盛んに行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンジオジェニンの関連キーワード歩合アニシジン(データノート)田邉安彦偶置換気象衛星授産施設多国籍企業大分県の要覧大正天皇Xバンド・レーダー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android