コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンダーステア アンダーステアundersteer

翻訳|understeer

2件 の用語解説(アンダーステアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンダーステア(understeer)

自動車の操縦上の性質で、ハンドルの切り方に対して、車体の向きの変わり方が相対的に弱いものをいう。広い平坦な路面でハンドルを一定の角度に固定して、旋回しながら速度を上げていくと、しだいに外側へふくらんでいく性質。→オーバーステアニュートラルステア

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンダーステア
あんだーすてあ
under steer

自動車の操縦性の一つの傾向で、ハンドルを切った角度よりも、車体が向きを変える角度が相対的に小さいものをいう。このため平らな路面で一定の操舵角(そうだかく)で旋回しながら速度をあげていくと、回転半径がしだいに大きくなっていく。これに対し回転半径が変わらないものをニュートラルステアという。アンダーステアの程度は、車体の前後の重量配分、サスペンション(懸架装置)のセッティング、タイヤの摩擦、エンジンの駆動力などによって変わる。実用車は安全性確保の見地から、弱いアンダーステアにセットされている。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンダーステアの関連情報