コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチオコス2世 アンチオコスにせいAntiochos II Theos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチオコス2世
アンチオコスにせい
Antiochos II Theos

[生]前287頃
[没]前246
セレウコス朝シリアの王 (在位前 261~246) 。バクトリア,パルティアを失うが,マケドニアのアンチゴノス2世と結んでエジプトのプトレマイオス朝と戦い (第2次シリア戦争〈前 259~255〉) ,小アジアのミレトス,エフェリス,フェニキア海岸を含む失地を回復。ミレトス神王 (テオス) と呼ばれ,その後支配地に神として君臨した。前 253年妃ラオディケを退けてプトレマイオス3世エウエルゲテスの娘と結婚。そのため前妃に殺された。その後,この2妃の間に内乱が起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンチオコス2世の関連キーワードアリアラテス3世セレウコス2世ラオディケアベレニケ2世アラドス