コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチゴノス2世 アンチゴノスにせいAntigonos II Gonatas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチゴノス2世
アンチゴノスにせい
Antigonos II Gonatas

[生]前319頃
[没]前239
マケドニア王 (在位前 276~239) 。アンチゴノス1世の孫。父デメトリオス1世マケドニアや小アジアで戦っている間,前 285年に手に入れたギリシアの覇権をよく守った。セレウコス1世が暗殺され (前 281) ,ケルト人の侵略を撃退すると (前 279) ,マケドニアの領有権を獲得。前 277年ケルト人をリシマケイアに破って,マケドニア王に即位 (前 276) ,ギリシアの要所に兵を駐屯させて足場を固めた。エーゲ海を制覇するのを恐れたスパルタ王アレウス1世はアテネとエジプトと結んでクレモニデス戦争 (前 267/6~263/2) を起したが,これらを撃破,プトレマイオス2世フィラデルフォスをくだして,前 255年和議を結んだ。甥アレクサンドロスの反乱,アカイア連盟の攻勢に悩まされたが,王国の地位を保った。ストア学派の創始者ゼノンの薫陶を受け,また文芸を保護し,詩人アラトスや歴史家カルディアのヒエロニモスを宮廷に招いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンチゴノス2世の関連キーワードアレクサンドロス2世アンチオコス2世デメトリオス2世アンチオコス1世マケドニア王国クラテロス

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android