コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチモン酸 アンチモンさんantimonic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチモン酸
アンチモンさん
antimonic acid

五酸化二アンチモン Sb2O5 の水和物の名称。ヘキサクロロアンチモン酸の加水分解によってつくられる。

2HSbCl6+5H2O→Sb2O5+12HCl

無色の粉末で,水にわずかに溶ける。 300℃以上に熱すると酸素を失い,徐々に Sb2O4 に変る。両性化合物で酸ともアルカリとも反応する。水溶液中では H+[Sb(OH)6]- の形をとると考えられるが,確定的ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンチモンさん【アンチモン酸 antimonic acid】

酸化アンチモン(V)水和物Sb2O5nH2Oに相当し,オルトアンチモン酸H3SbO4,メタアンチモン酸HSbO3,二アンチモン酸H4Sb2O7,三アンチモン酸H5Sb3O10などが水溶液中に存在するといわれている。白色の非晶物で,コロイドの性質が強い。塩化アンチモン(V)SbCl5に多量の水を作用させて二アンチモン酸を得ることができるといわれるが,組成が一定でなく,同定はむずかしい。酸化アンチモン(V)Sb2O5を過剰の水酸化カリウムと溶融し,少量の水に溶解して少し煮沸するか,多量の冷水を加えるとK2H2Sb2O7・6H2Oの組成の塩が生ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンチモン酸の関連キーワードネープルス・イエローネープルスイエロー塩化アンチモン水酸化カリウム硫化アンチモン酸化アンチモンマンガン鉱物コロイドナポリ黄

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android