コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両性化合物 りょうせいかごうぶつ amphoteric compound

4件 の用語解説(両性化合物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両性化合物
りょうせいかごうぶつ
amphoteric compound

酸に対しては塩基として働き,また塩基に対しては酸として作用する化合物をいう。たとえばスズ,鉛,ヒ素,アンチモンなどの水酸化物や酸化物,蛋白質,アミノ酸などはこの例である。高分子化合物で両性を示すものが多数合成されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょうせい‐かごうぶつ〔リヤウセイクワガフブツ〕【両性化合物】

に対しては塩基、塩基に対しては酸として働く性質をもつ化合物アミノ酸たんぱく質など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

両性化合物【りょうせいかごうぶつ】

酸性の物質に対しては塩基の作用をし,塩基性の物質に対しては酸の作用をする化合物。アミノ酸やタンパク質などの両性電解質アルミニウム,亜鉛などの酸化物ないしは水酸化物のような両性酸化物あるいは両性水酸化物がこれに含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

りょうせいかごうぶつ【両性化合物】

酸性と塩基性との両方の性質をもつ化合物。両性酸化物・両性水酸化物・両性電解質など。有機化合物ではアミノ酸が例。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両性化合物の関連キーワード塩基度緩衝作用多塩基酸両性酸化物酸塩基滴定弱塩基多酸塩基両性水酸化物酸塩基反応剛柔酸塩基の原理

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone