アンティマコス[コロフォン](英語表記)Antimachos of Colophon

  • アンティマコス
  • コロフォン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前 400年頃のギリシア詩人,学者。ヘレニズム文学の先駆者。イオニアコロフォンの生れ。叙事詩『テーベ物語』 Thēbaisを書き,失った恋人リュデを悲しんで,神話伝説の英雄美女の失恋の嘆きを歌う物語風のエレゲイア詩集『リュデ』 Lȳdēを作り,またホメロスのテキストを校訂した。作品には学殖豊かな解釈や語形の変形や語彙混交の手法がみられ,およそ 100年後のアレクサンドリア学派の学者詩人たちの先駆をなした。プラトンは彼の文体を高く評価して,ヘラクレイデスをコロフォンに派遣し,彼の詩を収集させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android