コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンテラミ アンテラミAntelami, Benedetto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンテラミ
Antelami, Benedetto

[生]1150頃
[没]1230頃.パルマ
イタリア・ロマネスクの代表的彫刻家,建築家。ロンバルディア出身。おもにパルマで活躍。代表作パルマ大聖堂の浮彫『キリストの降架』 (1178) にはフランスのプロバンスの影響がみられるが,その後のボルゴ・サン・ドニノ聖堂のファサードを飾る『ダビデ像』や『エゼキエル像』の作風にはフランス初期ゴシックへの接近がみられる。建築の分野ではパルマの洗礼堂 (96~1216頃) ,ベルチェリの聖アンドレア聖堂 (創建 19,献堂式 25) がある。彼の作風は 13世紀のゴシック期北イタリア彫刻に影響を及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンテラミ
あんてらみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンテラミの関連キーワードイタリア美術

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android