アンディ ガルシア(英語表記)Andy Garcia

現代外国人名録2016「アンディ ガルシア」の解説

アンディ ガルシア
Andy Garcia

職業・肩書
俳優,映画プロデューサー

国籍
米国

生年月日
1956年4月12日

出生地
キューバ・ハバナ

本名
Garcia Menendez,Andres Arturo

学歴
フロリダ国際大学卒

経歴
父は弁護士で地主、母は英語教師、姉と兄が一人ずつという家庭に生まれる。キューバ革命で全財産を失い、1961年一家で米国に亡命。フロリダのマイアミ・ビーチで貧しい子供時代を送る。大学在学中に芝居の魅力に目覚め、卒業後は俳優を目指して’78年にロサンゼルスに移り、テレビシリーズの「ロス市警ヒル・ストリート・ブルース」でデビュー。何本かのテレビ出演ののち、’83年映画デビュー。’86年「800万の死にざま」の麻薬売人役で高い評価を得、’87年「アンタッチャブル」のGメン役で一躍有名に。以後順調にキャリアを重ね、幅広い役柄をこなす実力派として地位を固める。’90年「ゴッド・ファーザーPart3」でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。他の映画に「ブラック・レイン」(’89年)、「背徳の囁き」(’90年)、「愛と死の間で」(’91年)、「男が女を愛する時」(’94年)、「デンバーに死す時」(’95年)、「ロルカ、暗殺の丘」(’97年)、「絶体×絶命」(’98年)、「オーシャンズ11」(2001年)、「コンフィデンス」(2003年)、「オーシャンズ12」(2004年)、「スモーキン・エース」(2006年)、「オーシャンズ13」(2007年)、「ピンク・パンサー2」(2009年)など。また、1993年にはキューバの老音楽家のドキュメンタリー映画「Cachao,Like His Rhythm There Is No Other」、’96年には自らの故郷への想いを集大成した「ロスト・シティー」(2005年公開)を撮るなど、監督業も手がける。音楽プロデューサーとしては、1996年ベース奏者カチャーオを復活させた。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

367日誕生日大事典「アンディ ガルシア」の解説

アンディ ガルシア

生年月日:1956年4月12日
アメリカの俳優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android