アンドリュー・エリコット ダグラス(英語表記)Andrew Ellicott Douglass

20世紀西洋人名事典の解説

アンドリュー・エリコット ダグラス
Andrew Ellicott Douglass


1867.7.5 - 1962.3.20
米国の天文学者
元・アリゾナ大学教授,元・アリゾナ大学付属天文台長。
ウインザー生まれ。
コネチカット州の大学とハーヴァード大学で学び、1906年アリゾナ大学天文学および物理学教授、付属天文台長。太陽と気候の変化の関係に関心を持ち、アリゾナの乾燥地帯にあるアメリカ杉や古い松の年輪を用いた何世紀にもわたる太陽の歴史の調査を1920年から始めた。この年輪年代学は炭素14年代測定に先行する最初のものであった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android