コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年輪年代学 ねんりんねんだいがく dendrochronology

2件 の用語解説(年輪年代学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年輪年代学
ねんりんねんだいがく
dendrochronology

1904年アメリカの A.ダグラスによって考え出された年代測定法。樹木の年輪は,通常中央部より周辺部のほうが幅が狭くなるが,毎年の気候変化に伴ってその幅は変化する。それゆえ気候の変化の型に従って一定の年輪型ができるので,この年輪型を利用して,住居跡や文化層に残る木材の年輪と比較して,年代決定をすることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

年輪年代学

年輪を分析して、木や文化財の年代推定などに生かす研究手烹年輪の幅が、気温や日照、雨量などによって年ごとに変動することに着目。年代がはっきりしている古い建築物や、土中に埋まっていた木などをもとに、木の種類ごとに、標準的な年輪幅の変動パターンを研究者らが蓄積し、サンプルと照合することを可能にしている。木によっては、数千年単位のデータもある。

(2007-09-15 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年輪年代学の関連キーワード偽年輪文化財研究所間接分析重要無形文化財非破壊分析文化財部文化財保護委員会核種分析年輪年代法埋蔵文化財の発掘調査

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone