アンドロステロン(英語表記)androsterone

翻訳|androsterone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドロゲンの代謝物の1つ。 A.F.J.ブーテナントらにより成年男子尿から離された (1934) 男性ホルモン融点 185~185.5℃の無色結晶。水には難溶であるが,多くの有機溶媒には易溶。男性ホルモン作用の国際単位の基準物質で,その 0.1mgによる去勢雄鶏のとさか部面積の増加の程度に等しい作用を1国際単位としている。生物活性テストステロンの約1/10程度。 L.S.ルジチカらによりコレステリンから合成され (34) ,構造が確定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (androsterone) 雄性ホルモンの一つ。テストステロンが変化したもので、作用はそれより弱い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアンドロステロンの言及

【男性ホルモン】より

… 精巣から何か特殊な物質が血中に出ると考えられるようになったのは,1849年にバーソールドA.A.Bertholdが去勢した雄鶏に精巣を移植すると,萎縮したとさかや鳴声などがもとの状態に戻ることを見いだしたときからである。その後1931年ブテナントA.F.J.Butenandtが男性尿から活性物質アンドロステロンを結晶として取り出すことに成功したが,この物質はホルモンの代謝産物であることがその後の研究で立証され,精巣から分泌される真の男性ホルモンであるテストステロンが結晶として分離されたのはラクールLaqueurらの研究(1935)によってであり,同年,ルジカLeopold Ruzičkaらによって合成も行われた。 精巣からの男性ホルモンの分泌は脳下垂体前葉の性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の支配を受けており,思春期に入ると精巣での男性ホルモンの生合成と分泌が急激に高まる。…

※「アンドロステロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android