アンナバ(英語表記)Annaba

デジタル大辞泉の解説

アンナバ(Annaba)

アルジェリア北東部の都市。旧称ボーヌ地中海に面し、チュニジアとの国境近くに位置する。交通の要地で、フランス植民地時代より農産物や鉄鉱石の積出港として栄えた。商工業が盛ん。フェニキア時代に起源し、古代ローマ時代にはヒッポレギウスと呼ばれ、アウグスティヌスが司教を務めた。旧市街には11世紀頃のモスクが残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンナバ

アルジェリア北東部,地中海に面した港湾都市。旧称ボーヌ。港湾施設が完備した貿易港。鉄鉱石,ブドウ酒などを積み出し,製鉄所がある。古代ローマ時代からの都市で,1832年フランス占領後,貿易港として整備された。34万2703人(2008)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンナバ【‘Annāba】

アルジェリア東部,地中海岸の港湾都市で商工業の中心地。旧名ボーヌBône。人口22万3000(1987)。古くから港町として栄え,フランス植民地時代は穀物,かんきつ類や,ウェンザの鉄鉱石の輸出港として発展した。近年日本の技術協力等で南郊に最新鋭のエルハジャール製鉄所が建設された。港の周辺には近代的な市街地が広がる。古い市街地には11世紀のモスクが残っている。鉄道の要所であり国際空港もある。【藤井 宏志】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンナバ
あんなば
Annaba

北アフリカ、アルジェリアの地中海沿岸東部にある商工業都市。アンナバ県の県都。旧名ボーヌBne。人口34万8554(1998)。古くから港町として栄え、フランス植民地時代は背後の農業地帯の農産物(穀物、柑橘(かんきつ)類など)やウェンザの鉄鉱石など鉱産物の輸出港として発展し、製鉄所もつくられた。近年日本の技術協力などで南郊にエルハジャール製鉄所が建設された。港の周辺には近代的市街地がある。古い市街地に11世紀のイスラム寺院が残っている。交通の要所で国際空港もある。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android