アンバーグリス(読み)あんばーぐりす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンバーグリス
あんばーぐりす
ambergris

精油の一つ。マッコウクジラの腸内に発生した結石を乾燥したもので、竜涎香(りゅうぜんこう)ともいう。竜涎香そのものはほとんど香気を有していないが、香気成分をアルコールに溶かして保留剤として用いる。主たる香気成分はアンブレインambreinというトリテルペン化合物である。マッコウクジラはイカを常食にするので「イカのくちばし」といわれる角質が体内に蓄積し、これが結石となって体外に排泄(はいせつ)される。この比重の軽い(0.9~0.92程度)蝋(ろう)状の塊が竜涎香とよばれ、排泄されて海上に浮遊していたり、海浜に打ち上げられていることもある。また、捕獲したクジラの体内から取り出されることもあった。しかし、1986年に国際捕鯨委員会(IWC)によりマッコウクジラの捕獲が禁止されたため、現在アンバーグリスはほとんど使われず、合成香料に置き換えられている。いままでに発見された最大のものは336ポンド(約152キログラム)もあった。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアンバーグリスの言及

【香料】より


[天然香料]
 天然物を原料とするもので,動物性香料と植物性香料に分けられる。動物性香料は動物の生殖腺分泌物などから溶剤によって抽出された体内生成物で,麝香(じやこう)(ムスク),霊猫香(れいびようこう)(シベット),海狸香(かいりこう)(カストル),竜涎香(りゆうぜんこう)(アンバーグリス)などがあり,その種類や生産量はきわめて少ない。いずれも高価で,高級香水の成分として用いられる。…

【竜涎香】より

…代表的動物性香料の一つ。アンバーグリスambergrisともいう。マッコウクジラの腸内の病的結石様の分泌物で,アフリカ,インド,スマトラ,ニュージーランド,ブラジル,日本などの海上に浮遊し,または海岸に打ち上げられたものを採取したところから,この名称がある。…

※「アンバーグリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android