アンバー・システム(英語表記)AMVER system

世界大百科事典 第2版の解説

アンバー・システム【AMVER system】

automated mutual assistance vessel rescue systemの略称で,洋上で非常事態が発生したとき,迅速に救難活動が行えることを目的とした船の位置通報制度のこと。アメリカの沿岸警備隊が管理している。1958年に発足。この制度への加入は任意であって,出港の際アンバー・センターに船名や航海計画などを通報すれば,このシステムに加盟したものとみなされる。出港後は緯度または経度が15゜変化する程度の間隔で位置を通報し,入港直前にも通報する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android