コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフィトリュオン アンフィトリュオンAmphitryon

翻訳|Amphitryon

2件 の用語解説(アンフィトリュオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンフィトリュオン
アンフィトリュオン
Amphitryon

ギリシア神話の英雄。アルカイオスの息子。父の跡を継いでミケーネ王となった伯父エレクトリュオンの娘アルクメネと婚約していたが,あるとき誤ってエレクトリュオンを殺してしまい,アルクメネを連れてテーベクレオン王のもとに亡命した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンフィトリュオン

ギリシア伝説でティリュンス王アルカイオスの子。誤って叔父エレクトリュオンを殺したので,妻アルクメネとともにテーバイに亡命。プラウトゥスドライデンモリエールジロードゥーなどの作品で扱われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のアンフィトリュオンの言及

【ヘラクレス】より

…そこから英語ではハーキュリーズ,フランス語ではエルキュールという。 ゼウスがアンフィトリュオンAmphitryōnの妻アルクメネAlkmēnē(二人とも英雄ペルセウスの孫)に生ませた子で,彼がテーバイの地で生まれようとした日,ゼウスは妃ヘラに,今日生まれるペルセウスの後裔はアルゴスの支配者となろうと語った。つねづね夫の素行に目を光らせていたヘラはこれを聞くと,お産の女神エイレイテュイアEileithyiaに命じてヘラクレスの誕生を遅れさせる一方,アルクメネの従兄にあたるアルゴス王ステネロスSthenelosの子エウリュステウスEurystheusを先に生まれさせた。…

※「アンフィトリュオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone