アンブロジアーナ共和国(読み)アンブロジアーナきょうわこく(英語表記)Repubblica Ambrosiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンブロジアーナ共和国
アンブロジアーナきょうわこく
Repubblica Ambrosiana

ミラノに成立した共和国 (1447~50) 。名称はミラノの守護聖人アンブロシウスにちなむ。 1447年8月ミラノ公フィリッポ・マリア・ビスコンチが没すると公国の継承をめぐる争いが生じ,市民代表 24人から成る共和国の樹立が宣言された。しかしコンドッティエーリ (傭兵隊長) 出身でビスコンチの娘ビアンカ・マリアの夫であるフランチェスコ・スフォルツァがベネチアと結んで共和国を攻撃したため,50年2月共和国は崩壊しスフォルツァの手でミラノ公国が再建された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android