コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンプル アンプル〈フランス〉ampoule

4件 の用語解説(アンプルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンプル(〈フランス〉ampoule)

薬液などを封入した小さなガラス製容器。「アンプル剤」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アンプル【ampoule】

注射用の薬液などを密封するガラス容器。内容物を無菌・清浄の状態で保存できる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンプル
あんぷる
ampouleフランス語

注射剤1回分を入れるガラス製の小容器。1886年フランスのスタニスロー・リモザンStanisllo Limoisinが発明した。普通は頸(けい)部を細くしたガラス管で、無色のものをはじめ、青色や褐色の着色ガラスを用いたものもある。着色アンプルは遮光用である。使用時は頸部をハート形のアンプルカットややすりで切断し、内容を注射器で取り出す。最近ではアンプルカットのいらないイージーカットアンプルやワンポイントアンプルといったものが使用されるようになった。また、プラスチック製のものもある。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンプルの関連情報