コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーナンダ寺院 アーナンダじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

アーナンダじいん【アーナンダ寺院】

ミャンマー中央部のバガン(Bagan)にある仏教遺跡。バガンは、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールとともに世界三大仏教遺跡の一つに数えられているが、アーナンダ寺院は、バガン遺跡を代表する最大の寺院遺跡である。上座部仏教(小乗仏教)を導入し、ミャンマー族最初の統一国家を築いたバガン朝の第3代の王チャンスィッターによって、11世紀末~12世紀初頭に建設された。白亜の寺院の内部には、4つの仏像が安置され、釈迦(仏陀)の生涯を描いた80点の浮き彫りがある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

アーナンダ寺院の関連キーワードタビーニュ僧院

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android