コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イアペトゥス イアペトゥスIapetus

1件 の用語解説(イアペトゥスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イアペトゥス(Iapetus)

土星の第8衛星。1671年にカッシーニが発見。名の由来はローマ神話の神。表面の明るく見える部分と暗く見える部分の差が大きい。赤道に沿うように1300キロにわたる山脈がある。直径は約1440キロ(地球のおよそ0.11倍)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

イアペトゥスの関連キーワードカンプハイスオペラ座栗山潜鋒呉偉業即非如一伊達騒動陳元贇原田甲斐復楽園覆醤集

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone