コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イアペトゥス Iapetus

デジタル大辞泉の解説

イアペトゥス(Iapetus)

土星の第8衛星。1671年にカッシーニが発見。名の由来はローマ神話の神。表面の明るく見える部分と暗く見える部分の差が大きい。赤道に沿うように1300キロにわたる山脈がある。直径は約1440キロ(地球のおよそ0.11倍)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イアペトゥスの関連キーワード天文学史(年表)アパラチア造山帯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android