コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イアペトゥス Iapetus

デジタル大辞泉の解説

イアペトゥス(Iapetus)

土星の第8衛星。1671年にカッシーニが発見。名の由来はローマ神話の神。表面の明るく見える部分と暗く見える部分の差が大きい。赤道に沿うように1300キロにわたる山脈がある。直径は約1440キロ(地球のおよそ0.11倍)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

イアペトゥスの関連キーワード天文学史(年表)アパラチア造山帯

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android