コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェルサン Yersin, Alexandre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェルサン
Yersin, Alexandre

[生]1863.9.23. スイス,ラボー
[没]1943.3.1. アンナン,ニャチャン
スイス系のフランスの細菌学者。フルネーム Alexandre-Émile-John Yersin。通称エルザン。1888年パリのパスツール研究所でピエール=ポール=エミール・ルーと協同してジフテリアの毒素の存在を証明した。のち広東およびアンナン(ベトナム)のニャチャンパスツール研究所を創設し,ニャチャンの所長になった。1894年ホンコンで北里柴三郎と別個にペスト菌を発見し,その予防血清をつくった。アンナンではダラトの町を築くことを提言。また,インドネシアにゴムノキを伝えた人ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イェルサンの関連キーワード9月22日

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android