コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェルサン Yersin, Alexandre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェルサン
Yersin, Alexandre

[生]1863.9.23. スイス,ラボー
[没]1943.3.1. アンナン,ニャチャン
スイス系のフランスの細菌学者。フルネーム Alexandre-Émile-John Yersin。通称エルザン。1888年パリのパスツール研究所でピエール=ポール=エミール・ルーと協同してジフテリアの毒素の存在を証明した。のち広東およびアンナン(ベトナム)のニャチャンパスツール研究所を創設し,ニャチャンの所長になった。1894年ホンコンで北里柴三郎と別個にペスト菌を発見し,その予防血清をつくった。アンナンではダラトの町を築くことを提言。また,インドネシアにゴムノキを伝えた人ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イェルサンの関連キーワード9月22日

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android