イギリス・ドイツ海軍協定(読み)イギリスドイツかいぐんきょうてい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリス・ドイツ海軍協定
いぎりすどいつかいぐんきょうてい
Anglo-German Naval Agreement

1935年6月ナチス・ドイツとイギリスとの間で結ばれた海軍軍備の制限協定。同年3月ヒトラーは、ベルサイユ条約の軍備制限条項を一方的に破棄し、再軍備を宣言した。4月イギリス、フランス、イタリア三国首脳はストレーザで対策を協議したが、その2か月後イギリスはドイツに対し、イギリス海軍の35%の艦船保有(潜水艦は同率)を認める協定を締結した。かくしてイギリスはドイツのベルサイユ条約の破棄、再軍備を事実上認めたこととなり、イギリス、フランス、イタリアによる対ドイツ牽制(けんせい)の一角は崩れ去った。この協定は、両大戦間期にみられたイギリスによる一連の対ドイツ宥和(ゆうわ)政策の発端となった。[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android