コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英独海軍協定 えいどくかいぐんきょうていAnglo-German Naval Agreement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英独海軍協定
えいどくかいぐんきょうてい
Anglo-German Naval Agreement

1935年6月イギリスドイツ間に結ばれた協定。ドイツの軍艦保有量をイギリスの 35% (42万t) とし,潜水艦は 45%以下とすることを定めた。ナチス・ドイツによる海軍再軍備を阻止できないと考えたイギリスは,宥和政策の一つとして,フランス,イタリア両国に相談することなく取決めたもの。これによって同年4月,イギリス,フランス,イタリアの首脳がストレーザに会し,ドイツの再軍備宣言に抗議した,いわゆるストレーザ戦線は実質的に崩壊するとともに,ドイツはベルサイユ条約が課したきびしい海軍軍備制限条項から解放された。なお協定は 39年4月,ドイツによって一方的に破棄された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えいどく‐かいぐんきょうてい〔‐カイグンケフテイ〕【英独海軍協定】

1935年、イギリスとナチス‐ドイツとの間に結ばれた協定。ドイツに対し、イギリス海軍の35パーセントの軍艦保有を認めたもので、ベルサイユ条約を無視して、事実上ドイツの再軍備を公認した。イギリスの対独宥和(ゆうわ)政策の一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

英独海軍協定【えいどくかいぐんきょうてい】

1935年英独間で調印された協定。ドイツは英国海軍の35%に当たる軍艦を保有できることになった。これはベルサイユ条約の修正であり,この協定によって英国はドイツの再軍備を承認した形になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英独海軍協定
えいどくかいぐんきょうてい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の英独海軍協定の言及

【第2次世界大戦】より

…その手掛りとして提案したのが,一つは海軍に関する軍備制限であり,もう一つは植民地問題であった。34年の半ばごろから,ヒトラーは海軍の要求を抑えるかたちでドイツの海軍力をイギリスの1/3とする条約の締結を考え,イギリスに打診を始め,その結果35年6月18日英独海軍協定が締結された。おりしもドイツの孤立が顕著になっていた時であったがゆえに,大きな意味をもつことになった。…

※「英独海軍協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

英独海軍協定の関連キーワードヨアヒム・フォン リッベントロップリッベントロップデーニッツ軍縮

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android