コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシダタミガイ

2件 の用語解説(イシダタミガイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イシダタミガイ

ニシキウズガイ科の巻貝。卵円形で,高さ2.5cm,幅2cm。殻は厚く殻表が石畳状なのでこの名がある。緑黒色で,殻口はまるみがあり,白い。北海道南部以南に広く分布し,潮間帯の岩礫(がんれき)の間に普通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシダタミガイ
いしだたみがい / 石畳貝
[学]Monodonta labio

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝。海産種で、日本を含むインド洋、西太平洋の潮間帯の岩礫(がんれき)上にきわめて普通にみられる。殻高25ミリメートル、殻径22ミリメートルぐらいになる。殻表は深い螺状肋(らじょうろく)とその間を仕切る溝のため、石畳舗装のような彫刻をしているのでこの名がある。わが国でも内地型はこの石畳の1ブロックが平らであるが、沖縄以南の型ではそれが高くそびえているので区別され、同一種であるがオキナワイシダタミガイとよばれることもある。殻表は暗緑色で、ときに淡紅色、白色、黄色などの斑紋(はんもん)がある。殻口外唇内は白くて筋(すじ)があり、軸唇には強い牙(きば)状突起があり殻口を狭めている。肉は食べられる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシダタミガイの関連キーワード腰高雁空サラサ馬蹄螺千種貝馬蹄螺揚巻貝石畳貝疣細螺細螺久保貝逆巻貝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone