磯物(読み)いそもの

  • ×磯物

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干潮時に岩磯で食用に採取した巻貝類をいう。おもなものはスガイ,コシタカサザエ,クボガイ,コシタカガンガラ,バテイライシダタミヨメガカサなどで,小型種が多い。ゆでてようじや針でから肉を繰出して,醤油などをつけて食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

磯近くでとれる魚介類や海藻。磯釣りで、イシダイ・イシガキダイなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 磯近くでとれる海草、貝、小魚の類。
※十六夜日記(1279‐82頃)「いそ物などのはしばしも、いささかつつみ集めて」
② 食用魚類の中で、近海でとれるものの称。
③ 寄居虫。やどかり。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯物の関連情報