コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯物 いそもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磯物
いそもの

干潮時に岩磯で食用に採取した巻類をいう。おもなものはスガイ,コシタカサザエ,クボガイ,コシタカガンガラ,バテイライシダタミヨメガカサなどで,小型種が多い。ゆでてようじや針で殻から肉を繰出して,醤油などをつけて食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いそ‐もの【×磯物】

近海でとれる魚類。
磯辺でとれる海藻や貝・小魚など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いそもの【磯物】

磯近くでとれる魚介類や海藻。磯釣りで、イシダイ・イシガキダイなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

磯物の関連キーワードイシダタミガイ(石畳貝)南三陸金華山国定公園クマノコガイオニアサリ外ヶ浜町志津川湾牡鹿半島魚介類磯釣り磯開き魚類近海海女平舘こざ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android