コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシン Isin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシン
Isin

バビロニアの古代都市。現イランのバーリヤット。この地に前 2017年頃マリ出身のアッカド人イシュビ=エラが王朝を創始。ほぼ同時代に樹立されたラルサ王朝はバビロニアの南方を支配し,イシンは北方を支配した。5代目リピト=イシュタル (在位前 1934~24) はハンムラビより1世紀以上早く法典を編纂したことで知られる。ラルサ王朝最後の王リム=シンによって前 18世紀中頃征服された。イシン=ラルサ王朝期は歴代王がシュメール語を復活させ,学芸を奨励したことで知られる。やがてバビロン第1王朝6代王ハンムラビに征服された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イシン【Isin】

古代メソポタミア,イシン第1王朝(前2017‐前1794)の首都。現在のバグダードの南南東約200kmの地点にあるイシャン・アルバフリーヤートIshan al‐Bachrīyātに当たる。本来InsinまたはIssinであるが,通常はIsinと書き習わされている。ウル第3王朝の末期に,元ウル王室の家臣であったイシュビエラIshbi‐Erraがイシンに独立国家を建て,そこで合計15人の王が統治した。イシン王朝は,政治理念,行政制度,宗教,文学などの面で,ウル第3王朝時代のシュメール的伝統を継承・発展させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイシンの言及

【メソポタミア】より

…5代王イビシン時代までには西方セム系アムル人(アモリ人)の圧力が強まる。イビシンの高官アムル系のイシュビエラはイシンで独立するとともに,各地を軍事占領した。またエラムの脅威もあって,前2004年ウル第3王朝は崩壊し,シュメール人は民族的実体を失う。…

※「イシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イシンの関連キーワードアミノグリコシド系抗生物質高ロイシンイソロイシン血ネブカドネザル(1世)ロイシン誘導性低血糖症マクロライド系抗生物質リピトイシュタル法典ロイシン誘導性低血糖イシン=ラルサ王朝アクチノマイシンD栄養素間相互作用テトラサイクリンウスバサイシン疎水性アミノ酸バンコマイシンアミノバリュー脂肪族アミノ酸キタサマイシンフロスティングイシン・ラルサバビロニア美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イシンの関連情報