コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスパノ・モレスク陶器 イスパノモレスクとうきHispano‐Moresque ware

世界大百科事典 第2版の解説

イスパノモレスクとうき【イスパノ・モレスク陶器 Hispano‐Moresque ware】

スペインの陶器。〈イスパニア・ムーア人の陶器〉の意。古くはスペインで焼かれたラスター彩陶器のみを指したが,今日では中世末期から近世末期にかけてこの国で焼かれた錫釉(しやくゆう)陶器全体を総称する。712年以降イベリア半島に住んだイスラム教徒は,この半島に錫釉のイスラム陶器を伝え,これが13世紀中ごろから南のアンダルシア地方のマラガコルドバセビリャ,少し遅れてグラナダあたりで模倣された。したがって初期のイスパノ・モレスク陶器の装飾や器形にはオリエントのレイ,カーシャーンニーシャープールラッカなどで製作された陶器と著しい類似が見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイスパノ・モレスク陶器の言及

【イスラム美術】より

…(3)後期 14世紀から15世紀にかけて東方イスラム世界の陶器が低迷を続けている頃,イベリア半島のマラガ,アルメリア,ムルシア,バレンシア,パテルナ,マニセスなどでは,種々の陶器が盛んに焼かれた。このイスパノ・モレスク陶器の代表的なタイプは多彩ラスター釉陶器で,草花,鳥獣,文字,名家の紋章などが,主文を構成した。概して,文様は豪華で複雑になり,特に宮殿の装飾に使われたアンダルシア産の〈アルハンブラの壺〉は,その典型的なものである。…

【陶磁器】より

…オリエントで開花した銀・銅酸化の金属で絵付した美しいスズ釉陶器が,11~12世紀ころにマラガ,セビリャ,グラナダなどの南スペインに伝えられ,その技法はやがて同地方のスペイン人にも普及し,14世紀以降はバレンシアのマニセスやパテルナでも盛んに焼造された。イスパノ・モレスク陶器と呼ばれる金属的な輝きをもつこれらの陶器は,14世紀から15世紀初めスペインの東海上に浮かぶマリョルカ島を経由してイタリアに多量に輸出されたので,当時のイタリア人はこの島の名にちなんでこれらをマヨリカ(焼)と呼んだのである。 当時イタリアではルネサンスの人文主義が台頭し,イスパノ・モレスク陶器の技法を受け継いでファエンツァ,フィレンツェ,ウルビノ,グッビオなどの中部イタリアの各地でマヨリカ陶器が焼かれた。…

【マヨリカ】より

…中世末期からルネサンス期にかけてイタリア各地で製作されたスズ釉(ゆう)陶器の総称。その名称は中世末期にスペインからイタリアへラスター彩イスパノ・モレスク陶器を輸入する際,それらがマリョルカ島の商人を通じて送られてきたので,それらをイタリア語なまりでマヨリカ陶器と呼んだことに由来する。マジョリカはその英語読みである。…

【ラスター彩】より

…ここではカーシャーン,サーベなどを中心に12~13世紀に最盛期を迎え,18世紀まで命脈を保った。一方,スペインのアンダルシア地方やバレンシア(マニセス)では,13~14世紀から17世紀にかけて,いわゆる〈アルハンブラの翼壺〉に代表されるイスパノ・モレスク陶器が生まれた。装飾文様と器種(タイルを含む)は共に多様である。…

※「イスパノ・モレスク陶器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イスパノ・モレスク陶器の関連キーワードマジョリカ陶器ラスター彩陶器ナスル朝美術マヨリカスペイン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android