イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

  • Israel Philharmonic Orchestra
  • いすらえるふぃるはーもにーかんげんがくだん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1936年パレスチナ交響楽団という名称で設立されたオーケストラ。48年、イスラエル独立とともに現在の名称に改められた。創立時からトスカニーニをはじめ世界の優れた指揮者を招き、急速にイスラエルを代表するオーケストラとしての評価を獲得した。58~59年のシーズンはジャン・マルティノンが初の音楽監督を務めた。68年以後はズービン・メータが音楽顧問に招かれ、77年にはこの音楽監督に就任した。弦楽器の音色の美しさは早くから有名で、現在の楽員はほとんどイスラエル出身者である。60年(昭和35)にカルロ・マリア・ジュリーニ、83年にメータの指揮により日本でコンサートを行った。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる