コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム復興運動 イスラムフッコウウンドウ

3件 の用語解説(イスラム復興運動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イスラムふっこう‐うんどう〔‐フクコウ‐〕【イスラム復興運動】

イスラム原理主義

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イスラム復興運動【イスラムふっこううんどう】

イスラム原理主義〉とも称される。西欧型の近代化や社会・政治システムではなく,イスラムに根ざした社会をめざす思想・運動。第2次大戦後,中東・イスラム地域では社会主義アラブ民族主義が大勢を占めた。
→関連項目ウンマサイイド・クトゥブパン・イスラム主義マウドゥーディー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イスラムふっこううんどう【イスラム復興運動】

巨視的に見れば,19世紀後半から始動した,イスラム的価値体系およびイスラム世界の復興をめざす思想潮流・運動であり,実態レベルではさまざまな個人,組織,運動体,ネットワークを包含する。イスラムの落の原因が,西欧列強の侵攻・支配と,それに対抗できない伝統的体制の無力さであると理解されるため,西洋の支配・植民地主義に対する抵抗,伝統に対する革新という特徴を持つ。その点に,中世に存在したイスラム改革運動との相違が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イスラム復興運動の関連キーワード巨視的微視的摂関時代見れば目の毒ラージプート族埼玉県さいたま市大宮区三橋京都府与謝郡与謝野町明石鹿児島県出水郡長島町蔵之元巨視的状態量巨視的物理量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イスラム復興運動の関連情報