イスラム復興運動(読み)イスラムフッコウウンドウ

百科事典マイペディアの解説

イスラム復興運動【イスラムふっこううんどう】

イスラム原理主義〉とも称される。西欧型の近代化や社会・政治システムではなく,イスラムに根ざした社会をめざす思想・運動。第2次大戦後,中東・イスラム地域では社会主義やアラブ民族主義が大勢を占めた。しかしこれらのイデオロギーが,植民地主義の弊害による社会・経済構造や対イスラエル戦争による経済の停滞,貧富の格差の拡大などの前に失速すると,こうした状況を打破するために,イスラムの伝統にもとづいて現代社会の問題を解決しようという動きが興った。大衆的な社会運動や正当な政治参加を志向する組織と,テロや非合法活動も辞さない組織がある。前者の例がエジプトのムスリム同胞団やトルコの福祉党,後者がエジプトの〈イスラム集団〉やアルジェリアの〈武装イスラム集団〉など。
→関連項目ウンマサイイド・クトゥブパン・イスラム主義マウドゥーディー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イスラムふっこううんどう【イスラム復興運動】

巨視的に見れば,19世紀後半から始動した,イスラム的価値体系およびイスラム世界の復興をめざす思想潮流・運動であり,実態レベルではさまざまな個人,組織,運動体,ネットワークを包含する。イスラムの落の原因が,西欧列強の侵攻・支配と,それに対抗できない伝統的体制の無力さであると理解されるため,西洋の支配・植民地主義に対する抵抗,伝統に対する革新という特徴を持つ。その点に,中世に存在したイスラム改革運動との相違が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報