イソスポーラ症(読み)いそすぽーらしょう

家庭医学館の解説

いそすぽーらしょう【イソスポーラ症】

 イソスポーラ原虫(げんちゅう)のオーシストという嚢子(のうし)(休止状態の原虫)が、経口的に摂取されて感染し、腸管内で繁殖します。世界中に分布しますが、とくに温暖な地方に多くみられます。最近はエイズの合併症として注目されています。
●症状
 下痢(げり)をおもな症状とします。下痢の程度は人によって異なり、一般に軽度ですが、悪心(おしん)、食欲不振、腹痛などをともなうことや、はげしい下痢と吸収不良症候群をおこして死亡することもあります。
●治療
 自然に治ることもありますが、トリメトプリムとスルファメトキサゾールの合剤やピリメタミンとサルファ剤の合剤を服用します。しかし完全に治すことは非常に困難です。対症療法的に輸液などを行なうことも必要です。
●予防
 オーシストは乾燥と高温に弱いので、牛肉などはよく加熱しましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android