コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソペンタン isopentane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソペンタン
isopentane

2-メチルブタンともいう。化学式 (CH3)2CHCH2CH3天然ガソリンおよび原油中にわずかに含まれる無色の液体。沸点 30℃。ガソリンエンジンの始動を容易にするために,寒冷地用ガソリンに添加する場合があり,またアンチノック性が高いので,高オクタン価ガソリンの成分として重要である。また触媒の作用による脱水素によって合成ゴムの原料イソプレンに変えられる。ペンタンネオペンタンとは構造異性体である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イソペンタンの関連キーワードペンタン(データノート)アミルアルコール高級炭化水素位置異性体剛性溶媒アルカン異性化

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android