コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒剤 かんざいfreezing mixture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒剤
かんざい
freezing mixture

溶解が吸熱反応の場合,その物質を断熱的に溶解させると溶液全体が冷える。このようにある物質を溶解することにより温度が下がるような混合物を寒剤という。通常用いられるものは水と塩類,氷と塩,アルカリ,酸,固体二酸化炭素 (ドライアイス) と有機溶媒 (エチルアルコールエチルエーテル) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

寒剤【かんざい】

2種以上の物質を混合して低温を得る冷却剤。一般に水と塩類によるもの,および氷と塩類によるものをいうが,ドライアイスと有機液体との混合物をも含めることもある。氷と塩類の場合には,まず氷の一部が融解して融解熱を奪い,その解けた水に塩類が溶解して溶解熱を奪うため温度は徐々に降下し,共融点に近い低温が得られる。たとえば,氷+塩化ナトリウム(22.4%)で−21.2℃,氷+塩化亜鉛(51.0%)で−62℃,ドライアイス+エチルアルコールで−72℃。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんざい【寒剤 freezing mixture】

2種またはそれ以上の物質を混合して低温を得る材料。氷と塩類の混合物は,氷の融解熱とその溶けた水への塩の溶解熱がいずれも吸熱のため混合物の温度が低下するのを利用する。温度低下は混合物の共融点で止まって一定値になる。実験室で利用する氷と塩類の組合せを到達最低温度とともに表1に示す。しかし,氷と塩類の混合物を共融点に到達させることは技術的に容易ではない。ドライアイスと有機溶媒を混ぜて有機溶媒の融点近くの泥状物質を利用する場合も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんざい【寒剤】

二つ以上の物質を混合して得られる冷却剤。氷やドライアイスなどに他の物質を加える。氷を食塩とあわせると摂氏マイナス21度、エタノールとドライアイスでは摂氏マイナス72度まで冷却できる。起寒剤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒剤
かんざい
freezing mixture

二つ以上の物質を混合して得られる冷却剤。起寒剤ともいう。たとえば、室温の水に塩化アンモニウムを溶かしたものや、氷と塩化ナトリウムとの混合物、ドライアイスとアルコールの混合物などがそうである。寒剤が低温となる理由は、たとえば氷と塩化ナトリウムの混合物では、氷の融解熱と塩化ナトリウムの溶解熱がともに吸熱であることによるもので、共融点(NaCl22.4%+氷77.6%で-21.2℃)まで降下すれば融解はとまって一定の温度が保たれる。したがって理想的な場合には最低温度が共融点になるが、実際にはそこまで達しないことが多い。とくに、たとえば氷を使用するときは、その粉砕が十分でなかったり、塩との混合が十分でなかったりすると、完全な温度が得られない。
 また低沸点の液体をそのまま冷却剤に使い、これらを寒剤に含めることもある。たとえば液体空気(-145.8℃)、液体酸素(-182.96℃)、液体窒素(-195.8℃)、液体水素(-252.8℃)、液体ヘリウム(約-269℃)などがそうである。ただし、これらのうち液体空気と液体酸素は可燃性物質、とくに有機物質などを直接接触させると爆発するので注意する必要がある。[中原勝儼]
『小林俊一・大塚洋一著『低温技術』第2版(1987・東京大学出版会) ▽守屋潤一郎著『極限科学のなかの極低温技術』(1992・東京電機大学出版局) ▽板倉聖宣著『ものを冷やす』(2003・仮説社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寒剤の関連キーワードチオシアン酸カリウムキャベンディッシュ塩化アルミニウム硝酸アンモニウム硫酸アンモニウム硫酸ナトリウムサーモスタット塩化カルシウムカ氏温度目盛り液体アンモニア華氏温度目盛超低温装置アンモニアシネオール二酸化窒素ヘリウム化学実験冷凍食品トラップ含氷晶

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android