コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタボヤ イタボヤBotrylloides violaceus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタボヤ
Botrylloides violaceus

原索動物門尾索亜門ホヤ綱壁性目ボトリルス科。体長 3mm内外の個虫が集り,寒天質の共同外皮で包まれた群体ボヤ。普通紫褐色であるが,色の変化に富む。干潮線下の岩,貝殻の上などにつく。北海道以南に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イタボヤ【Botrylloides violaceus】

尾索綱イタボヤ科の原索動物(イラスト)。小さな個虫がたくさん集まって平らな群体をつくり,石,海藻,貝殻などの表面を覆う。日本各地の沿岸でごくふつうに見られる。寒天質状の共同外皮の中に長さ1.2~3.5mmの個体がほぼ垂直にうずまっていて,表面はぬるぬるしている。色はさまざまで橙色,紫褐色,黒紫色などがあり,ときには部分的に緑色になっているものもある。個虫は楕円形で,2列または花びらのような形に並ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタボヤ
いたぼや / 板海鞘
[学]Botrylloides violaceus

原索動物門尾索綱壁性目ボトリルス科に属する群体ボヤ。群体は膜状で厚さ3ミリメートル程度。他物を覆って広がり、ときに直径10センチメートルほどになる。共同外皮は柔らかい寒天質で、ほぼ無色透明。外皮にぎっしりと埋まり込む個虫の体色が透けてみえるため、群体は生時、紫褐色あるいは淡褐色を呈する。個虫の体長は約3ミリメートル以内。鰓孔列(さいこうれつ)数は10~11。卵巣は精巣の後背方にあり、直径0.1ミリメートル以下の卵を含む。親の体壁が陥入してできた育嚢(いくのう)に入り込んだ排卵直後の卵は、親個虫の退化後も群体の血管系から養分を供給され続け、排卵後約5週間で直径1ミリメートルほどの胚(はい)に成長し、有尾幼生として群体外に泳ぎ出る。着底した幼生は出芽により群体を広げる。日本の沿岸の潮間帯から潮下帯に普通にみられる。群体や成体個虫の構造が本種と区別しにくいボトリロイデス・シモデンシスB. simodensisなどの近似種がある。[西川輝昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イタボヤの関連キーワードキクイタボヤ海鞘・老海鼠