コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタロ・ズベーボ いたろずべーぼ

世界大百科事典内のイタロ・ズベーボの言及

【ゼーノの意識】より

…イタリアの作家イータロ・ズベーボの小説。1923年刊。3年の歳月を費やして62歳のときに発表された。無為に陥ったブルジョアジーの主人公ゼーノ・コルシーニが,自己回復を求めて,精神医の助言に従い己の一生を綴り,幻滅と撞着と苦悩を分析するという物語で,E.モンターレの炯眼(けいがん)と友人J.ジョイスの尽力によって,孤立したこのトリエステの老作家の名を不動のものにした。手法としては,イロニーと暗喩に満ちた,精神の内奥への分析を駆使して伝統的な構成・文体を壊した点で,主題としては,個人の神経症を扱いながら,両大戦間のヨーロッパという歴史的な危機の時代の病に重ねて現代人の生の不安を先取りした点で,20世紀文学の新たな針路を示した。…

※「イタロ・ズベーボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イタロ・ズベーボの関連キーワードゼーノの意識ロッソ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android