コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドラ島 イドラとうNísos Ídhra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドラ島
イドラとう
Nísos Ídhra

古代ギリシア語読みではヒュドラ Hydra。ギリシア,エーゲ海西部,ペロポニソス半島東端南沖にある島。東北東-西南西に細長く延びる。中心集落イドラ。島名がギリシア語で「水」を意味するように,かつては水に恵まれ,森林におおわれていたが,現在は樹木のない乾燥地で,可耕地もほとんどない。オスマン帝国領時代に海上貿易で繁栄した。しばしばギリシア本土からの避難民が流入し,ギリシア独立戦争が始った 1821年には島の人口は3万人にも上った。現在,主産業は海綿採取,織物,造船など。近年観光業が発展。面積 50km2。人口約 3000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イドラ‐とう〔‐タウ〕【イドラ島】

HydraΎδραギリシャ南部、サロニコス湾アルゴリコス湾の間に浮かぶ島。アルゴリス半島の沖合約7キロメートルに位置する。主な町は同島北岸のイドラ。18世紀から19世紀にかけて海運で栄え、ギリシャ独立戦争時には武装した商船団が活躍したことで知られる。島内は自動車やオートバイの乗り入れが禁止されている。また、海は透明度が高く、多くの海水浴場がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イドラ島
いどらとう
Idhra

ギリシア南部、ピレウス県に属する島。エーゲ海南部、ペロポネソス半島の東、アルゴリス半島の沖合い7キロメートルに位置する。中心地は北岸の町イドラ。長さ18キロメートル、幅4~5キロメートル、面積50平方キロメートル。人口約3000。15世紀より住民が増加し、18世紀末ごろ海運業で飛躍的に発展。ギリシア独立戦争(1821~29)において、経済的、軍事的に大いに貢献した。近年は巡航船の立ち寄る国際的な観光地となっている。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イドラ島の関連キーワードクンズリオティス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android