コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イニシエーター initiator

翻訳|initiator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イニシエーター
initiator

発癌のプロセスで決定的な役割を果たすと考えられている物質。細胞が癌化する場合,まずイニシエーターが細胞の DNAを変質させ (イニシエーション) ,次いで発癌促進物質 (プロモーター) が作用して発癌に至る。プロモーター物質としてはフォルボニールエステル,サッカリン,フェノバルビタール,胆汁酸などが知られているが,イニシエーターについては未知の部分が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イニシエーター(initiator)

デオキシリボ核酸(DNA)複製の、複製開始たんぱく質。
発癌(はつがん)起始因子。正常細胞を潜在癌細胞にする物質。DNAに短時間に不可逆的変化を起こさせる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

イニシエーター

 (1) DNAの複製を開始する因子であるタンパク質.(2) 発がんはDNAの変異から始まりその変化を形質として発現させる(プロモーション)という二段階で起こるという説がある.最初の段階のDNAの変化を起こさせる物質.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

イニシエーター【initiator】

正常細胞の DNA に固定的な構造変化を生じさせ、突然変異等を起こさせる物質。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

イニシエーターの関連キーワードがんの予防転移RNAレプリコン突然変異鈴木智将流行

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イニシエーターの関連情報