イネクビホソハムシ(英語表記)Oulema oryzae

世界大百科事典 第2版の解説

イネクビホソハムシ【Oulema oryzae】

甲虫目ハムシ科の昆虫(イラスト)。胸部は前後を除いて黄赤色。上翅は青藍色で光沢がある。体長4~5mm。成虫幼虫ともイネの葉を食害することで知られるが,ヨシカモガヤチガヤなどイネ科の植物を広く食する。北海道から九州までの主として寒冷地に生息し,朝鮮半島,中国大陸においても被害がある。台湾では高地に分布する。幼虫は灰白色腹部が強く隆起する。つねに自分の糞を背中にのせていて,一見,を背負っているように見えるところからイネドロオイムシとも呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android