コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブヌル・アラビー イブヌル・アラビーIbn al-`Arabī, Abū `Abd Allāh Muḥammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・アラビー
Ibn al-`Arabī, Abū `Abd Allāh Muḥammad

[生]1165.8.7. ムルシア
[没]1240.11.16. ダマスカス
イブン・アラビーともいわれる。スペインのアラブ系神秘派思想家,詩人。ハーティム・アッターイーの後裔ともいう。8歳のときセビリアに移り,そこで教育を受けた。 1194年 30歳でチュニスに行き,それより北アフリカスペインアラビアその他の各地を転々としながら著述を続け,シリア小アジアイラクなどをも訪れた。のちダマスカスに住み,そこで世を去った。偉大な神秘主義思想家として『メッカ啓示』 al-Futūḥāt al-Makkiyah (12巻,1274,1329) など二百数十の著書を残した。詩人としての名声はさらに高く,詩集『熱愛の通司』 Tarjumān al-ashwāqその他が広く世に知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イブヌル・アラビーの関連キーワード永万二条天皇二条天皇ねんきんダイヤル二条天皇藤原伊通藤原範兼六条天皇イドリーシーイブンアラビー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone