イブヌル・アラビー(英語表記)Ibn al-`Arabī, Abū `Abd Allāh Muḥammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「イブヌル・アラビー」の解説

イブヌル・アラビー
Ibn al-`Arabī, Abū `Abd Allāh Muḥammad

[生]1165.8.7. ムルシア
[]1240.11.16. ダマスカス
イブン・アラビーともいわれる。スペインのアラブ系神秘派思想家,詩人ハーティム・アッターイーの後裔ともいう。8歳のときセビリアに移り,そこで教育を受けた。 1194年 30歳でチュニスに行き,それより北アフリカ,スペイン,アラビアその他の各地を転々としながら著述を続け,シリア,小アジア,イラクなどをも訪れた。のちダマスカスに住み,そこで世を去った。偉大な神秘主義思想家として『メッカ啓示』 al-Futūḥāt al-Makkiyah (12巻,1274,1329) など二百数十の著書を残した。詩人としての名声はさらに高く,詩集『熱愛の通司』 Tarjumān al-ashwāqその他が広く世に知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android