コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブヌル・バイタール Ibn al-Baitār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・バイタール
Ibn al-Baitār

[生]? マラガ
[没]1248. ダマスカス
イスラム教徒の博物学者,薬草学者。スペインのセビリアで学び,北アフリカエジプト小アジアを旅行してダマスカスで晩年を過した。薬草に関する書物 (『薬用植物集成』) のほか,医学書も著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イブヌル・バイタールの関連キーワード藤原信実ケルン大聖堂ケルン大聖堂ロイヤルホールディングス安達景盛おもろさうし鶴林玉露ケルン大聖堂サントシャペル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android