鶴林玉露(読み)カクリンギョクロ

デジタル大辞泉 「鶴林玉露」の意味・読み・例文・類語

かくりんぎょくろ【鶴林玉露】

中国随筆集。南宋羅大経らたいけい著。1248~52年成立。天・地・人の3部からなり、詩や文学批評中心逸話見聞収録

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「鶴林玉露」の意味・読み・例文・類語

かくりんぎょくろ【鶴林玉露】

  1. 随筆集。一八巻。羅大経(らたいけい)著。中国、南宋時代、一二四八~五一年成立。文人学者詩文についての論評を中心に逸話、見聞などを収めたもの。天・地・人三部から成る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「鶴林玉露」の意味・わかりやすい解説

鶴林玉露
かくりんぎょくろ
He-lin yu-lu

中国,南宋の随筆。羅大経の著。 18巻。詩文の評論に,その見解を示したところもあるが,大部分著者の見聞を,記録風に叙述したもので,引用した資料にときに誤りがあると指摘される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワーキングホリデー

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進するこ...

ワーキングホリデーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android