コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ガビロル イブン・ガビロルIbn Gabirol, Solomon ben Judah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ガビロル
Ibn Gabirol, Solomon ben Judah

[生]1021頃.スペイン,マラガ
[没]1070頃.バレンシア
ユダヤ人の詩人,哲学者。ラテン名 Avicebronまたは Avencebrol。中世ヘブライ語の詩のうちで最もすぐれた作品を残した。部分的に残存している文法についての詩"Anaq",宗教的および世俗的なほぼ 400の抒情詩,Shebhu`otの祭礼のための典礼詩"Azharot"などがある。また神の本性,宇宙,人間の運命についての対話詩『王の冠』 Keter Malkhutは償いの日のためのユダヤ教の儀式文に採用されている。おもな哲学書はアラビア語で書かれ,ラテン語訳『生命の源泉』 Fons Vitaeがある。その形而上学的体系は新プラトン主義的であり,宇宙を実体の段階的なヒエラルキーと見,宇宙の質料は神の本質から生じ,宇宙の形式は神の意志と言葉に由来する。かくて知 (プロチノスのヌース) ,魂,自然という3つの精神的な,あるいは単純な基体が続き,さらに物体的あるいは混成的な基体の低位の世界が続く。またすべての存在は,精神的であれ肉体的であれ,質料と形式とから合成されると考えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イブン・ガビロルの関連キーワードAvencebrolAvicebronイブン・マサッラヘブライ文学パトリッツィユダヤ哲学

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android