コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アルアシール Ibn al‐Athīr

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アルアシール【Ibn al‐Athīr】

1160‐1234
アラブの歴史家。ザンギー朝の高官の家に生まれ,大半をモースルで過ごす。メッカ巡礼途上,またカリフヘの使節としてしばしばバグダードを訪れ見聞を広めた。サラーフ・アッディーン(サラディン)の軍隊に同行して,十字軍との戦闘に参加したこともある。父と彼自身の知見をもとにザンギー朝史を著した。また大著《完史al‐Kāmil fī al‐ta’rīkh》は,1230∥31年までのイスラム世界の通史で,現在では散逸した史料に基づいているところもあって貴重である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイブン・アルアシールの言及

【年代記】より

…とくに《預言者と諸王の歴史》は,同じタバリーの《タフシール》(コーラン注釈書)の姉妹編をなすもので,世界史の全過程を,天地の創造から最後の審判に至るまでの神の人類救済の意志と計画の具体化とする神学的歴史観によって貫かれ,その後におけるイスラム教徒の年代記の模範となった。年代記的世界史に新形式を開いたのは13世紀のイブン・アルアシールの《完史》とザハビーal‐Dhahabī(1274‐1348)の《イスラム史》で,前者は天地創造に始まり,それまでに書かれた史書のレジュメたることを意図して,タバリーの特徴であった詳細なイスナード(伝承の過程の記録)を省き,年代記の枠の中で事件の一貫した叙述に努める。後者は神学的歴史観に立ち,イスラム時代だけを対象とするが,政治史の記述と個人の伝記とを巧みに織り込む。…

※「イブン・アルアシール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・アルアシールの関連キーワードサラーフ・アッディーン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android