コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イムルル・カイス Imru' al-Qays ibn Ḥujr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イムルル・カイス
Imru' al-Qays ibn Ḥujr

[生]?
[没]550頃
古代アラビアの詩人。中央アラビアの高原に興ったキンダ王国の王子であったが,不遇流離の生活をおくりつつ,きわめて格調の高い詩を残した。アラビア語最古の名詩選『ムアッラカート』は7人の大詩人中彼を第1位においている。またその「ディーワーン」 (個人詩集) も8世紀以後に編まれた。古代アラビアには同名の詩人が少くとも 11人 (一説に 15人,他説では 25人) もいたというが,上記のキンダ族の詩人が最もすぐれていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イムルル・カイスの関連キーワードズハイル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android