コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムアッラカート ムアッラカート al-Mu`allaqāt

3件 の用語解説(ムアッラカートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムアッラカート
ムアッラカート
al-Mu`allaqāt

古代アラビアの名詩選。イスラム以前のアラビアに現れたおもな詩人7人の代表的カシーダ体の長詩7編を集めたもの。伝説によれば,メッカ郊外ウカーズで年に1度の定期市が開催される際に詩のコンクールが行われ,最優秀の作品は金文字で書かれ,カーバ神殿に掲げられたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ムアッラカート【al‐Mu‘allaqāt】

イスラム時代以前のアラブの代表的詩集。原義は〈吊り下げられたもの〉で,その由来は〈メッカ巡礼のおり,その近郊のウカーズの定期市で催される詩の競技で選ばれた最優秀の作品が,金文字でカーバ神殿の黒幕に刺繡され,吊り下げられた〉と説明されているが,真偽は定かでない。イムルー・アルカイスやアンタラら7人または10人の大詩人の代表作1編ずつが,後世この標題のもとに選集され,いずれも詩作の範とされた。【堀内 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムアッラカート
むあっらかーと
al-Mu‘allaqt

古代アラビアの代表的詩集。6世紀から7世紀にかけて、イスラム以前のアラビア半島西岸地方に7人の大詩人が次々に出現し、各人の「ムアッラカ」とよばれる長詩7編の集大成を「ムアッラカート」(複数形)という。各詩人の「ムアッラカ」は普通80行ぐらいの長さで、その名前の由来については多くの説がある。その一つは、当時ウカーズ(半島西岸部の町)の定期市で詩の競作会が行われ、ここでの秀作が金文字でカーバ神殿(メッカ)の壁に「吊(つ)るされる(ムアッラク)」ことになっていたからである、という。この詩集の七大詩人とは、イムル・ル・カイス、ズハイル、アムル・イブン・クルスーム、タラファ、ラビード、ハーリス・イブン・ヒッリザ、アンタラである。なお、その後さらにアーシャー、ナービガ、アビードの三詩人をこれに加えて、ムアッラカートを十大詩人集とするものもある。
 しかし各詩人の「ムアッラカ」の内容はたいへんよく似ており、「カシーダ」とよばれる叙情詩の形式をとり、廃墟(はいきょ)にたたずんでかつての恋人をしのぶ句に始まり、砂漠の自然や動物を描写するとともに砂漠の旅の厳しさを訴え、アラブ人の心の広い気質などをたたえて終わるものが多い。古代アラビアには叙事詩は発達せず叙情詩から文学が生まれたとされているが、その代表的作品として「ムアッラカート」は不朽の価値をもつ。編者は不詳。[内記良一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のムアッラカートの言及

【アラブ文学】より

…しかし今日では,作品や詩人の存在の真正さを全面的に否定するのは極論にすぎるという考えが支配的になっている。8世紀ころから,この時代の古詩はアラビア語の最古にして純粋なよりどころであり,コーランを理解するための用語の源であって,しかも古代アラブの歴史や生活を知るうえで不可欠のものであるなどの認識が深まり,《ムアッラカートMu‘allaqāt》《ムファッダリーヤートMufaḍḍalīyāt》《ハマーサal‐Ḥamāsa》《アガーニーal‐Aghānī》などと呼ばれる詩集が相次いで編さんされ,ジャーヒリーヤの古詩を今日に伝えることになった。なかでも《ムアッラカート》はこの時代を代表する7人の詩人のカシーダqaṣīda(長詩)を1編ずつおさめた詩集で,今日に至ってもなお踏襲されているアラブ定形長詩の手本をなすもので,ウムルー・アルカイスUmru’ al‐Qays(500‐540)がその頂点に立つ詩人である。…

※「ムアッラカート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムアッラカートの関連キーワードアッラージャーヒリーヤハンサーマワーリー汎イスラム主義ギブジュメイラモスクイスバハーニーイブン・アルカルビージュハー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone