コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーワーン Dīwān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーワーン
Dīwān

アラビア語では元来帳面を意味していたが,第2代カリフウマル1世が,これにアラブ・ムスリム戦士の名前を登録して俸給を支給して以来,イスラム政府内の「庁」,あるいは「局」の意味に使われるようになった。インドでは,最初大臣を意味したが,ムガル帝国では中央,地方政府の徴税長官をさし,地方の徴税長官は民事,刑事の司法権をもった。 1765年,イギリス東インド会社はムガル皇帝からベンガル地方のディーワーニー (ディーワーンの権限) を取得し,徴税,司法権ばかりでなく事実上の領有権をもつようになり,植民地支配が始った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディーワーン【dīwān】

イスラム国家の行政機関で,庁,局などを意味するアラビア語。アラブの伝承では,語源的には悪魔の意味のdēvに由来するとされるが,中世ペルシア語の〈書くdīp〉から派生したとするほうが正しいであろう。最初に用いられたのは640年,第2代カリフ,ウマル1世の時で,ムハンマドの妻を含むイスラム教団の有力者やアラブ戦士(ムカーティラ)たちに対する俸給(アターリズク)支給のための登録簿としてであったが,やがてそうした事務を取り扱う役所をも意味するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディーワーン
でぃーわーん
dwn

イスラム帝国の行政機関で、庁、局などを意味するアラビア語。もとは640年、カリフのウマル1世がイスラム教団の有力者やアラブ戦士たちに対し俸給を支給するために作成した受給者登録簿のことをさしたが、やがてそうした事務を取り扱う役所をも意味するようになった。ウマイヤ朝になると中央政府の業務も増え、租税徴収を担当する税務庁、カリフの文書を作成する文書庁、文書の封緘(ふうかん)を行う印璽(いんじ)庁、戦士の登録と俸給の支給事務を担当する軍務庁などが設けられた。アッバース朝では中央集権化が進んで官僚機構が膨張し、ディーワーンの数も増え、それも状況に応じて適宜改廃された。また第3代カリフのマフディーのとき、各ディーワーンの業務を監督する監査庁がそれぞれに対応して設けられ、しかも、これら監査系諸官庁を統括する最高監査庁も設置された。この監査庁は、9世紀末に国家の予算制度が確立すると、会計検査院の役割を果たした。[森本公誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のディーワーンの言及

【スーバダール】より

…初めはシパフ・サーラールsipah sālārといわれていたが,のちにはナージムnāẓimと呼ばれるようになった。地方統治一般をつかさどり,やはり州ごとに派遣され,徴税関係をつかさどったディーワーンdīwānと共同して州統治を行った。【小名 康之】。…

【スーバダール】より

…初めはシパフ・サーラールsipah sālārといわれていたが,のちにはナージムnāẓimと呼ばれるようになった。地方統治一般をつかさどり,やはり州ごとに派遣され,徴税関係をつかさどったディーワーンdīwānと共同して州統治を行った。【小名 康之】。…

【マジュリス】より

… イスラム期に入ってウマイヤ朝初期,アラブの戦士たちが部族ごとに集住した軍営都市(ミスル)内では,その部族の中でのしかるべき居住区ごとに集会所としてのマジュリスが設けられていた。アッバース朝に入って官僚機構が発達してくると,重要な諸官庁(ディーワーン)は,さらに内部がいくつかの部や課に分かれていたが,それらに当たるのがそれぞれマジュリスと呼ばれた。たとえば税務庁の中のマジュリス・アルウスクダールは,税務に関する公文書の受付と発送業務を扱ったし,マジュリス・アルアスルはほぼ総務課に該当した。…

※「ディーワーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディーワーンの関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)ウマル(‘Umar b. alハーティム・アッターイームアーウィヤ(1世)ナーシル・ホスローブクサールの戦いイムルル・カイスホスロー[1世]正統カリフ時代ムタナッビーファラズダクスーバダールマトラーン正統カリフサドラザムジャリールズハイル

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android