イラク族(読み)イラクぞく(英語表記)Iraqw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラク族
イラクぞく
Iraqw

タンザニア北部に居住する一民族。言語は南部クシ語派に属する。混血が進み,形質的には黒人種と区別できなくなったが,古い祖先はエチオピア系といわれる。イラクは自称であり,他称はウンブルー。高地性草原に適応し,牛,やぎ,羊を飼育しながらとうもろこし,ミレット,ソーガム,豆類を栽培する典型的な半農半牧民。散居制で,家屋は草ぶきの円形住居と土盛りの方形半地下住居の2つの形態がみられ,屋敷の周囲に耕作地と放牧地をもち,日常生活は核家族が基本である。結婚は新規居住が原則であるが,土地,家屋は末子相続されるため,拡大家族もみられる。 60以上の外婚制父系出自集団があるが,母系的な結合関係も重要な機能をもつ。首長制はみられず,政治は長老の合議制によって進められる。男女とも割礼の風習があり,年齢集団の序列が認められるが,年齢組体系は存在しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android